サプリメントの定義って何?

サプリメントって英語で書くと( Supplement )って、なりますよね。意味は「補う」です。

サプリメントの大きな定義は、毎日の食事だけでは摂取しにくい栄養素や成分を補うための食品のことをいいます。

っということは、サプリメントは薬ではなく通常食べる食事と形状が違うだけで実は「食品」なんです。

サプリメントの形状は薬のようにカプセルに入っていたりしますが、実は食品なので薬ではないことを認識する必要があります。

 

サプリメントについて調べていくうちに保健機能食品って言葉がでてきますよね。いろいろなサイトを見ましたが少しわかりにくかったので簡単にまとめてみました。

保健機能食品って何?

よくテレビや雑誌で見る機会が多い「トクホ」は保健機能食品にあたります。

「保健機能食品」には分類があり「特定保健用食品(トクホ)」「機能性表示食品」「栄養機能食品」の3つに分かれます。

 

それぞれ、どう違うんでしょうか??

「特定保健用食品(トクホ)って何?」

商品ごとに消費者庁の審査を経て認可が下りた食品の事をいいます。

企業がいろいろな食品に対する科学的根拠を示した調査結果を元に消費者庁へトクホの申請を行います。そこで消費者庁の審査(効果の有効性や安全性などを確認)が通った食品が「トクホ」となります。
トクホマーク

ですので、企業だけの調査ではなく、国も認めた食品になりますのでより安心できますね。

また、効果の有効性をうたった文言を食品に記載することができます

例えば・・・血糖値が気になる方、コレステロールが高くて気になる方・・・等

トクホではご存知の通り、トクホは右のマークが商品の目印になりますね。

 

実はトクホには「条件付き」というマークもあります。
トクホ条件付きマーク

条件付きは、有効性の科学的根拠が通常の特定保健用食品に届かないものの、一定の有効性が確認されている食品になります。

個人的には条件付きでも条件なしでもそんなに変わらない気がします。。。一応、左側が条件付きのマークです。

 

「機能性表示食品って何?」

食品の機能性(効能・効果)、安全性に関する科学的根拠及び品質管理の取り組み等を、企業が消費者庁に届け出ることで機能性(効能・効果)が表示できる食品です。

特定保健用食品との違いは、企業が消費者庁へ届け出を行うことで機能性を表示できる点です。

消費者庁の審査結果が出ていなくても良いという点です。なので、国の審査結果が出ていない状態ではありますが、企業の責任の元に機能性の表示ができます。

また、特定保健用食品と同じように効果の有効性をうたった文言も食品に記載することができます

例えば・・・脂肪の吸収を穏やかにします・・・等

また、機能性表示食品にはマークはありませんが、食品パッケージには「機能性表示食品」☆彡と記載されます。

「栄養機能食品って何?」

栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。

例えば・・・カルシウムは、歯や骨の形成に必要な成分です・・・等

というように、カルシウムという栄養成分の機能を表示するということです。

こちらは、特に国が審査することはありません。一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上限、下限値の範囲内にあり栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示していれば、栄養機能食品となります。

また、栄養機能食品では「血糖値が気になる方」等の有効性をうたった文言は使用できません。

栄養機能食品は現在、ミネラル5種類、ビタミン12種類についてのみ機能に関する表示が許されています。

ミネラル 亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム
ビタミン ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸

各栄養素の機能についての一覧は下記のようになります。

栄養成分 機能
亜鉛 味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。
カルシウム 骨や歯の形成に必要な栄養素です。
鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。
赤血球の形成を助ける栄養素です。銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。
マグネシウム 骨や歯の形成に必要な栄養素です。マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。
ナイアシン 皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
パントテン酸 皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビオチン 皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンA 夜間の視力の維持を助ける栄養素です。ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB1 炭水化物からのエネルギー生産と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB6 たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB12 赤血球の形成を助ける栄養素です。
ビタミンC 皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
ビタミンD 腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
ビタミンE 抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
葉酸 赤血球の形成を助ける栄養素です。葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

 

各栄養素の機能について事前に確認しておくとどのサプリメントを選べばいいかわかりますので是非参考にしてくださいね。

機能内容 栄養素
味覚を助ける栄養素 亜鉛等
皮膚や粘膜などの健康維持を助ける栄養素 亜鉛、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、B1、B2、B6、C等
赤血球の形成を助ける栄養素 鉄、銅、マグネシウム(血液循環の正常化)、ビタミンB12、葉酸等
骨の形成を助ける栄養素 カルシウム、マグネシウム、ビタミンD等
抗酸化作用がある栄養素 ビタミンC、ビタミンE等

また、栄養機能食品にはマークはありません

保健機能食品のまとめ

今回は、サプリメントの定義から始まり、保健機能食品種類と分類についてご紹介させていただきました。

この記事を参考に自分に合ったサプリメントを選ぶ基準にしていただければと思います。

私、個人的には特定保健用食品については健康診断などの結果に基づき選択していくのが良いと思います。

通常は、栄養機能食品で通常の食事で足りない栄養素を補って、それでも不足を感じるようなら機能性表示食品特定保健用食品というようにご自身の状態に合わせて切り替えていくのが体にとっていいのではないかと思います。

 

あまりにもサプリメントに頼るのはよくないですが、現代社会では食事の多様化と多忙社会のストレスなどで栄養のバランスがとりにくく感じます。

是非、あなたの健康維持のためにも足りないものをサプリメントで補って健康を維持して頂ければ幸いです。

特定保健用食品(トクホ) 機能性表示食品 栄養機能食品
概要 国の審査を受け消費者庁の審査を経て表示 国へ届け出るが、事業者の責任で表示 国への届け出は不要
表示例 血糖値が気になり始めた方の食品。。 骨の健康を保つ機能があります。。。 カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。。
マーク あり マークはないが機能性表示食品と表示 なし